陥入爪(かんにゅうそう)とは巻き爪のこと?

陥入爪(かんにゅうそう)とは巻き爪のこと?

陥入爪(かんにゅうそう)は、巻き爪とは少し異なります。巻き爪と陥入爪(かんにゅうそう)を同じだと思っている方も多いようですが、巻き爪は横に爪が巻いている状態に対し、陥入爪(かんにゅうそう)は、皮膚に爪の角が刺さり、その部分に炎症が起きていることを指すのです。巻き爪のことは、爪が巻いていることから、湾曲爪(わんきょくそう)と言うこともあります。

 

陥入爪(かんにゅうそう)の場合、そのまま放っておくと、感染を起こす可能性がありますので、早めに治療する必要があります。よく見てみると、巻き爪とは違った食い込み方をしているでしょうから、判断しやすいでしょう。爪が巻いている状態ではなく、ただ皮膚に食い込んでいる状態であれば、陥入爪(かんにゅうそう)だと言えます。

 

巻き爪の場合は、放っておくと、更に爪が巻いた状態になり、痛みが強くなることがあります。爪が伸びた時には、状態が大きく異なりますので、どちらか判断しやすいかと思います。親指に起こりやすく、放置することによって、膝が痛くなるなど、他の部分に支障が出てくることもあります。

 

どちらにしても、爪や皮膚が良い状態ではありませんので、そのまま放っておくのは良いことではありません。ですから、爪が巻いていたり、皮膚に食い込んでいる場合には、皮膚科に足を運ぶことをおすすめします。皮膚科にて、なんらかの処置をすることができますので、痛みが緩和されることでしょう。場合によっては手術が必要になる場合もありますので、早めに治療することが大切です。