巻き爪のテープ法(テーピング法)は効果あります?

巻き爪のテープ法(テーピング法)は効果あります?

巻き爪の対策として、テーピングという方法がありますが、巻き爪の症状が軽いようであれば効果はあるでしょう。テープを使用する方法になりますので、巻き爪 の治療することはできませんが、痛みの軽減には繋がります。あまりにも痛みが強く、医療機関に行く時間が取れないという場合は、その間テーピングを行うとい う方法が良いかもしれません。

 

巻き爪用のケアテープという商品も販売されていますので、巻き爪のテーピングを行うのであれば、そういった専用のテープを使用した方が良いでしょう。伸縮性 に優れており、爪を固定しやすくなっています。

 

テーピング方法ですが、巻き爪が皮膚に食い込んでいる部分にテープの先端を巻き、らせん状に巻きつけましょう。この時に、しっかりと固定する必要があります ので、弛めではなく、きつめに巻くようにします。自分一人でも簡単にテープを巻くことができるかと思います。

 

テーピング療法は医療機関で行うこともあります。自分ではうまく負けない場合は、医療機関にてきちんと正しい方法でテーピングしてもらった方が効果的でしょ う。専用のテープを使用して、血行を促すことを目的として行われていますので、医療期間で行う場合は、巻き爪の矯正に効果的です。

 

巻き爪の症状が悪化して化膿している場合は、テーピングとは別の方法によって治療することもあるでしょうが、まずはきちんと自分の状態を医師に確認してもら うことが大切です。テーピングを行うと同時に、内服薬が処方されることもありますよ。