巻き爪のプレート矯正は大丈夫?

巻き爪のプレート矯正は大丈夫?

巻き爪は、プレートを使用して治療することもできますが、プレートを使用する治療法を行っている医療機関は増えており、人気は高まっているようです。安全性 が高く、手術をする必要がありませんので、リスクが少ないというのは大きなメリットだと言えるでしょう。

 

プレートを使用した巻き爪の治療方法は至って簡単です。爪の形に合わせてプレートを切り、巻き爪の巻き具合によって微調整を行います。プレートと爪をしっか りと合わせることにより、巻き爪になるのを防ぐことができるのです。人によって、巻き方が異なるでしょうし、皮膚に食い込んでいるか否かも異なりますよね。 皮膚に食い込んでいる場合は、爪の先端部分にプレートを付け、深爪の状態で皮膚に食い込んでいない状態の場合は、爪の根元付近に付ける事が多いようです。

 

後は、プレートと爪を接着剤などによってしっかりと固定し、圧力をかけます。何度か通院し、巻き爪が矯正されているかどうかということを確認します。健康保 険が適用されませんので、手術に比べると高額になってしまいますが、日常生活に支障をきたさないなどのメリットは多々ありますので、利用している人が多いの ではないでしょうか。

 

プレートによる巻き爪の矯正は、再発する確率も少なく、安全性が高い上に痛みが無いというメリットが多々あります。歩いただけで痛みを生じる方や炎症を起こ している方は、プレートを使用した矯正を行ってみてはいかがでしょうか。