巻き爪コットンパッキング:あのコットンを使うの?

巻き爪コットンパッキング:あのコットンを使うの?

巻き爪を自分で治療する方法として、コットンパッキングがあります。コットンパッキングには、コットンを使用しますが、コットンは女性がマニキュアなどを取 るために使用するコットンと同じもので構いません。また、ドラッグストアなどで販売している脱脂綿でも良いですので、身近なところで手に入るかと思います。

 

コットンパッキングの方法ですが、爪と皮膚の間にコットンを挟みますので、お米ほどの大きさにしておきます。コットンを丸めたら、皮膚への食い込みを防ぐた めに、爪と皮膚の間に詰めます。たったこれだけで、すぐに巻き爪の痛みが軽減されるという方法がコットンパッキングですので、用意するのはコットンのみです から、お金もほとんど掛けずに巻き爪の対策ができるのです。

 

毎日、お風呂上がりにコットンパッキングを行うと、爪が清潔な状態になっていますし、爪と皮膚が柔らかくなっていますので、コットンも詰め込みやすいことで しょう。巻き爪は自分でケアすることもでき、巻き爪の症状が軽い状態の場合には、コットンを使用して手軽に対策することが可能です。手術などを避けるために も、早めにこういった方法を利用してみると良いかと思います。巻き爪の治療のために医療機関に通うとしても、コットンパッキングをしていたことにより、治療 費が安く済むかもしれませんね。

 

但し、巻きが強い場合にはコットンを詰めることが難しいこともあります。そういった時は、早めに医療機関に足を運ぶようにしましょう。