巻き爪の治し方・直し方・治療法で現在の主流は?

巻き爪の治し方・直し方・治療法で現在の主流は?

巻き爪の治療法で主流なのは、ワイヤーを使った直し方です。巻き爪の治療は、手術によって行うこともできますが、手術後は完治するまで日常生活に使用をきた すことがあります。それは誰でも避けたいことでしょうから、症状がそこまで進行していなければ、手術をする前に矯正を行うのが一般的な直し方です。

 

ワイヤーを使った治し方としては、巻き爪が生じている部分に対し、爪が伸びても曲がらないようにワイヤーで固定するというものです。弾力性に優れたワイヤー を使用しますので、爪の力に負けることなく、柔軟に対応することができます。少し見た目は気になるかもしれませんが、日常生活に支障が出ることはほとんど無 く、ストッキングなども普通に履くことができる治療法です。

 

また、最新の治療法として、B/Sスパンゲという治し方もあります。ワイヤーの場合は見た目が目立ってしまうというデメリットがありますが、この治し方の場 合はプラスチックで出来ており、見た目も目立たないというメリットがあるのです。爪全体にプラスチックで出来たスパンゲというものを付けることにより、巻き 爪を治すことができます。非常に安全な治療法ですし、痛みもすぐに軽減されるため、この治療法を利用する方が増えてきているようです。マニキュアを塗ること もできますので、巻き爪でもおしゃれを楽しみたいという女性にはおすすめの治し方だと言えるでしょう。

 

このように、手術以外にもいくつかの治し方がありますので、自分の症状や目的に合った直し方を探してみてください。医療機関によっても、どういった直し方を 行っているのかが異なりますので、自分の希望があるのであれば、事前にその直し方を取り入れているところを選ぶと良いでしょう。