足の巻き爪と手の巻き爪の違いは?

足の巻き爪と手の巻き爪の違いは?

足の巻き爪と手の巻き爪は、特に違いはありません。巻き爪になる原因は、足と手では異なることがあります。手というのは普段よく使う部分ですが、例えば付き 指をしたことが原因で巻き爪になることがあるのです。足の場合も、強い衝撃を受けることによって巻き爪になることがありますが、よく使う手の方が衝撃を受け ることは多いかもしれませんね。

 

手の場合も、巻き方が強くなることによって、炎症を引き起こすことがあります。症状としては、足と変わりません。足の場合は症状が悪化すると、歩くのが難し くなりますが、手の場合はその指を使うことが難しくなるでしょう。どちらにしても、日常生活に支障をきたすことがありますので、早めに治療をすることが大切 です。

 

巻き爪の治療法はいくつかありますが、足に生じる場合が多いため、足にしか対応できない治療法もあるようです。しかし、それを手にも応用するということがで きる場合もありますので、まずは相談してみましょう。足と同じく、日常生活に支障をきたすことなく、治療をすることができる方法もあります。不安に思うかも しれませんが、想像していたよりも治療が早く終わったという方も多いようですから、受診することで安心できるかもしれませんね。

 

手が巻き爪になった場合の方が気づきやすく、医療機関に足を運ぶ方が多いようです。どちらにしても、大丈夫だと思い込むのはよくありません。手術が必要にな る前になんとかしたいものですね。