巻き爪の矯正:ワイヤー法とは?

巻き爪の矯正:ワイヤー法とは?

巻き爪の矯正方法の一つに、ワイヤー治療というものがあります。ワイヤーを使用することにより、爪が巻きこむのを防ぐことができるのです。ワイヤーの強い力 によって、巻き爪の手術をすることなく、巻き爪を矯正することが可能になりますので、多くの方に利用されている方法になります。但し、この場合は保険が適用 されませんので、メリットだけでなく、デメリットも把握した上で検討しましょう。

 

巻き爪のワイヤー治療の方法ですが、医療機関によって、多少治療方法も異なります。爪の両端先端部分に穴を開けて、その部分にワイヤーを通して矯正する場合 もあれば、爪の両脇にワイヤーをかけて矯正する場合もあります。いずれにしても、痛みはほとんど感じることは無く、日常生活にも支障をきたすことがありませ ん。ストッキングや靴下にもワイヤーが引っ掛かる心配もありませんので、女性でも安心できますね。

 

ワイヤーを使用する場合、爪部分が化膿していると治療することができません。化膿している場合は、手術による治療でしたら可能ですから、自分の症状に合わせ て、医療機関で相談することをおすすめします。医療機関では、どういった治療法があり、自分にはどういった方法が適しているのか、きちんと説明を聞いた上で 、ワイヤーを使用するのか、その他の矯正法にするのかを判断した方が良いですね。一方的に勧めてくるようであれば、その医療機関での治療は避けた方が良いか と思います。爪は大切な部分だからこそ、巻き爪の場合も慎重になりたいものですね。