巻き爪の原因は解明されていますか?

巻き爪の原因は解明されていますか?

巻き爪の原因は、いくつか考えられています。遺伝によって巻き爪となることもあると言われていますが、後天的な原因も考えられています。もし、両親のどちらかが巻き爪の場合には、遺伝の可能性も否定できません。

 

後天的な場合ですが、爪が伸びてくると、誰でも自分で爪を切りますよね。その時に爪の切り方によって巻き爪になることがあるのです。ですから、最初は巻き爪で無かったとしても、ある日から巻き爪で悩むようになったということは少なくありません。意外と、こういった理由で巻き爪になる方は多いのです。ですから、今は巻き爪でなかったとしても、注意しなければなりませんね。

 

また、自分の足のサイズになっていない靴を履き続けてしまうことも原因の一つです。女性は、つま先がきつい靴を履くこともあると思いますが、長時間足が締め付けられる状態になってしまうと、徐々に巻き爪になることがあるのです。仕事の関係などで、毎日ハイヒールなどを履いている方は、注意した方が良いでしょう。

 

そして、爪に何らかの強い衝撃を受けるということも、原因だと考えられています。強い衝撃を受けることにより、炎症が起きてしまいます。その時に、爪の横部分が盛り上がり、巻かれてしまうことがあるのです。また、爪が柔らかく、薄い方なども巻き爪になりやすいため、爪の切り方などには特に注意したいものです。

 

このように、多くの原因が考えられていますので、自分はどういった原因に当てはまるのか突き止めることも大切です。