巻き爪・巻きつめ・まき爪・まきづめ(治療・矯正・病院選び)

巻き爪とは、爪が巻いた状態になっていることを指します。爪は通常まっすぐ伸びているものですが、これが何らかの原因によって、湾曲してしまうことがあるのです。巻き爪になるのには、なんらかの原因があると考えられており、その原因は人によって異なります。遺伝的な場合もあれば、例えば爪の切り方が原因で、徐々に巻き爪の症状が進むということもあります。

 

巻き爪は、親指に発症することが多いと言われていますが、巻き爪は他の爪に起こることもあります。また、人によってその症状も異なり、巻きが強い場合もあれば、弱い場合もあります。弱い場合には、痛みを感じないこともありますが、巻きが強いと痛みを生じます。

 

足は、人間が生活する上で大切な部分ですので、巻き爪であることに悩みを抱えている人も多いようです。歩くのもままならないこともあり、仕事に支障をきたすこともあるでしょう。巻き爪であることによって、仕事のスピードが遅くなってしまうこともあるでしょうし、足を長時間使うことによって、更に痛みが強くなってくるのです。また、日常生活だけでなく、他の器官に影響を与えることもあります。そうなると、足だけの問題では済みませんので、早めに対処する必要があります。

 

爪が巻かれた状態であるというと、非常に安易に考えてしまいがちですが、先々のことを考えると、悪化しないうちに治療をした方が良いと言えるでしょう。また、一度治ったとしても、再発する可能性もありますので、安心はできません。きちんとケアをすることが大切です。


JA 保険 JA共済 農協 労災保険 労災 労働基準法 雇用保険 雇用保険法 失業保険 巻き爪 労働法解説